読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自律神経失調症の症状・改善法

自律神経失調症の疾患を専門に整体を行って10年以上になりました。どこへ行っても改善されず諦めている方は是非ご相談下さい。

自律神経失調症の症状

自律神経のバランスが乱れると、本当にさまざまな症状が顕われます。また人により症状がさまざまで、バラエティーに富んでいます。それだけ自律神経は身体の各部に張り巡らされて、さまざまな臓器や組織をコントロールしています。

 

  • 頭痛ー頭痛、偏頭痛、脳疲労、思考力や集中力の低下
  • 目ー眼精疲労、眼球が動かしづらい、光が眩しく感じる、目の疲労、目の痛み、異物感
  • 耳ー耳鳴りがする、耳の詰まり感がある、耳の閉塞感
  • 口ー味覚障害、唾液がたまる、口の中が乾く
  • 首ー首の痛み、首の凝り
  • 喉ー異物感、詰まり感、物の飲み込みが出来ない
  • 心臓ー動悸、胸痛、圧迫感
  • 肩ー肩凝り、肩の痛み
  • 背中ー背中の痛み、腰の痛み
  • 呼吸器ー息苦しい、息切れ、呼吸が苦しい
  • 消化器ー吐き気、食欲不振、消化不良、ガスが溜まる、下痢と便秘
  • 手・腕ー痺れ、力が入らない、指先が冷たい、痙攣、指先のふるえ
  • 腹部ー膨満感、下腹部のはり、お腹がゴロゴロする
  • 膀胱ー残尿感、尿が出ずらい、頻尿
  • 生殖器ー勃起障害、早漏、不感症、生理痛、生理不順、かゆみ
  • 血管・皮膚・関節・筋肉ー血圧上昇、多汗、汗が出ない、皮膚のかゆみ、皮膚感覚の異常、関節の痛み、筋肉痛
  • 足ーだるい、痺れる、震える、痛む、冷える

これだけの症状が自律神経のバランスが乱れると起こる可能性があります。もちろんすべてが起こるのではなく、来店される患者さんでは少なくともチェックマークが5項目~20項目。

平均的な人でも10項目ほど症状を訴えられます。

一般的に多い症状を挙げておきます。

  • 頭痛、脳疲労
  • 目の奥が痛む、眼球がこわばった感じ
  • 耳鳴りや耳の閉塞感
  • 喉の詰まり感や違和感
  • 吐き気
  • 手足の冷えや痺れ
  • 肩凝りや腰痛
  • 息苦しさ

以上は当院でも良くみられる症状で更に際立って多い症状が、首肩の凝り、目疲労、頭痛、吐き気や息苦しさがみられます。