読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自律神経失調症の症状・改善法

自律神経失調症の疾患を専門に整体を行って10年以上になりました。どこへ行っても改善されず諦めている方は是非ご相談下さい。

自律神経失調症の患者さんには漠然とした不安感を感じている人が多い。

漠然とした不安感は理由が無く起こる不安感です。ちゃんとした将来の不安や明日の発表会などの不安ではありません。

 

この漠然とした不安感を感じている人は、心臓の周辺が硬くなっている人や不整脈がある方に多いです。

 

ちなみに不整脈がある人は心臓の周辺の筋肉が硬直しています。

 

漠然とした不安感のある人は心臓周辺と更に胸部に触れるだけで鋭い痛みを感じる事が特徴です。

 

漠然とした不安感は過去に形成した胸部の凝りや蓄積した老廃物が、過去に感じた不安感を無意識に感じているのです。

 

漠然とした不安感から解放されたければ心臓周辺や胸部に蓄積された老廃物を流す事で改善されてゆきます。