読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自律神経失調症の症状・改善法

自律神経失調症の疾患を専門に整体を行って10年以上になりました。どこへ行っても改善されず諦めている方は是非ご相談下さい。

3年ぶりに来店された78歳の息苦しさを訴えられる患者さん。

呼吸

吉祥寺に引っ越してきて間もない頃の、3年前に息苦しさで来店された患者さんが本日久しぶりに来店されました。

 

3年前も呼吸が息苦しいという事で来店され、3回ほどの施術でかなり状態が改善されて、それから見えられませんでした。

 

75歳から3年経過して78歳になっておられましたが、この方は身体がしっかりとしていて、川崎から電車で難なく一人で来店されます。

 

歩き方もしっかりしていますので、若い格好をすればとても78歳だとは思えないような方です。

 

それでも、年齢の事を考えると施術の力加減などは少し注意しながら施術を行います。息苦しさは肺の周辺が圧迫を受けている事が原因なので、肺の周辺である背中や心臓周辺の筋肉を緩めます。

 

深層筋肉が硬くなっていますので、かなり深部を刺激します。注意して、あまり弱くもなくかといって強すぎないようにして施術を終えました。

 

すると、3年前と同様に呼吸が楽になって頂けたようです。当院で施術をやって頂けるのは極楽だともいって貰えてとても感激しました。

 

呼吸が浅くなると脳への酸素供給も不足して脳が正常に働かなくなります。自律神経のバランスをコントロールしているのは脳です。

 

脳は司令塔ですので脳が正常に働かなくなると、いろんな部位に支障をきたすようになります。脳を健康に保つためには脳に十分な量の酸素を送らなければなりません。

しかし、呼吸が浅い方や息苦しさを感じている方は十分な酸素量を脳に送り届ける事が出来なくなり結果として自律神経のバランスが乱れ、自律神経失調症になっています。

 

息苦しさ・呼吸が苦しいと感じる原因は肺の周辺の硬直