読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自律神経失調症の症状・改善法

自律神経失調症の疾患を専門に整体を行って10年以上になりました。どこへ行っても改善されず諦めている方は是非ご相談下さい。

タバコと自律神経の関係

結論から申し上げますと、タバコは自律神経にとって良くありません。

お恥ずかしい話ですが、現在禁煙中で今日で53日目になります。

 

数か月前から、実はもっと前から体調が悪くなりだんだん不安になってきました。

このままだと、数年後には動けなくなる若しくは脳梗塞で倒れたり心臓発作を起こして

寝たきりになるかもしれない。

 

絶対に、そんな事で人に迷惑をかけたくないと思い禁煙を決意しました。

 

そして、禁煙する事でいかにこれまで体にとって良くない事をしていたのかと反省させられました。

 

まず、良く眠れるようになりました。これは血流改善で自律神経のバランスが改善したからです。禁煙する前までは睡眠が浅く何度も目を覚まして、トイレに行ったり途中で起きてパソコンなどを行っていました。

 

今では、朝までぐっすり眠れて寝起きも爽快感を少しづつ感じられるようになりました。自律神経失調症の方は、禁煙する事を是非検討してみて下さい。